青山直樹

青山直樹(37)  正社員 システムエンジニア
2002年に入社。
IT関連会社のパートナーとして、広島に勤務。

——デジタルビジョン入社のきっかけは?
兵庫の専門学校にいた頃、求人で募集していたことがきっかけでこの会社に決まり、大阪へ出てきました。新人としての出発から始まり、わりと早くから実践でプロフェッショナルな仕事をさせてもらうようになりました。

——現在の仕事スタイルは?
大阪でクライアント勤務を何社か、3〜4年経たあと、その間に結婚をし、広島へは8年目で家族ごと引っ越しました。社員の中にはクライアントへ行っている人が多いので、月1の会議の場を設けてくれ、そのあと飲み会に行ったりもするので、社長も含めてみんなでわいわいやります。とても社内の雰囲気はアットホームですよ。それにクライアント先でも、デジタルビジョンの一員としての気持ちが常にあります。

——デジタルビジョンのいいところは?
私たちのラッキーなところは、社長がとても寛大なこと。 セミナーがあるので行っていいですか?と言えば、行かせてくれるし、みんなで楽しむためのバーベキューやスノーボード旅行も予算をつけてくれる。社員が仲良くなって、会社がどんどんよく回って行くなら「行ってこい」というスタンスです。さらには社長自らが飲み会やイベント、会議も自由に参加してくるという雰囲気。会議でも役職関係なしに好き放題言ってもいいんですよ。ベテランから若者まで一緒に話せて可愛がってくれる。上下関係は厳しくない会社です。

<メッセージ>
指示がないと動けないような方には厳しいかもしれませんが、自分で目標を決めて能動的に動きたい人には、この会社があっていると思います。社長もそういう人を求めています。会議で好きなことを言って帰ったらよいので、色んな意見が詰まっている面白い会社です。